コープランドサイトメニューコープランドTOPページコープランド会社概要お問い合わせプライバシーポリシー

不動産の売却不動産の購入不動産査定不動産情報キャンペーン情報 仲介手数料割引不動産売買よくある質問不動産 税金ミニ知識月極駐車場不動産用語リンク

不動産用語 コープランド
Home>不動産用語>「き」


危険負担/きけんふたん


売買契約締結後、引渡しの前までに、売主が責を負わない事由(台風で建物が倒壊した、あるいは隣家の失火によって建物が類焼した等)によって売主の引渡義務が履行できなくなった場合に、買主の代金支払債務が消滅するのか、しないのかの問題です。民法上は不動産のような特定物の売買における危険負担について、契約を締結したのちは買主がこれを負担することになっています(民法第534条第1項)。つまり、買主は建物の引渡しを受けていなくても代金を支払わなければなりません。しかし、売買契約を締結したのみで実際に所有権が移転していない段階で、危険だけを買主に負担させることは売買当事者間の公平を欠くとの批判も強く、民法534条を限定的に解釈すべきとの学説も有力です。そこで、実際の取引においては、売買契約書の条文に「本物件の引渡前に、天災地変その他売主または買主のいずれの責にも帰すことの出来ない事由によって本物件が毀損したときは、売主は、本物件を修復して買主に引渡すものとする」と売主の負担の特約を定めるのが一般的です。また、その修復が著しく困難で、買主が購入の目的を達することができない場合には、買主に契約解除権を与えることも多くなっています。

 

 


TOPページ不動産の売却売却の相談査定のご依頼売却の際の諸費用売却の流れ不動産の購入購入物件リクエスト購入の際の諸費用購入の流れ売買物件情報土地中古住宅・マンション事業用不動産不動産投資仲介手数料割引Q&A税金ミニ知識管理駐車場不動産用語会社概要お問い合わせプライバシーポリシー不動産に便利なリンクサイトマップ サイトマップ 会社案内 コープランドTOP

 

愛知,名古屋の不動産,仲介,物件情報,売却,購入,査定ならコープランド

 

 

 

不動産情報 査定 売却 名古屋のコープランド