コープランドサイトメニューコープランドTOPページコープランド会社概要お問い合わせプライバシーポリシー

不動産の売却不動産の購入不動産査定不動産情報キャンペーン情報 仲介手数料割引不動産売買よくある質問不動産 税金ミニ知識月極駐車場不動産用語リンク

不動産用語 コープランド
Home>不動産用語>「ひ」


表示登記/ひょうじとうき


建物を新築した場合などに、不動産登記簿の表題部になされる登記を「表示登記」といいます。土地にツいては「所在、地番地目地籍」、建物については「所在、家屋番号、種類、構造、床面積」が表示されます。これらを登記簿に記載することによって、不動産の客観的現況をそのまま公示し、権利に関する登記が正確かつ円滑に行われることが期待できます。表示登記の申請人は原則的にはその所有者(所有権登記名義人)となりますが、表示については職権主義がとられ、登記官に実地の調査権があります。これは、登記に際して、登記所に出頭を要しないことともに権利の登記との大きな違いです。

 

 


TOPページ不動産の売却売却の相談査定のご依頼売却の際の諸費用売却の流れ不動産の購入購入物件リクエスト購入の際の諸費用購入の流れ売買物件情報土地中古住宅・マンション事業用不動産不動産投資仲介手数料割引Q&A税金ミニ知識管理駐車場不動産用語会社概要お問い合わせプライバシーポリシー不動産に便利なリンクサイトマップ サイトマップ 会社案内 コープランドTOP
愛知,名古屋の不動産,仲介,物件情報,売却,購入,査定ならコープランド

 

 

 

 

不動産情報 査定 売却 名古屋のコープランド